0565-51-3000
受付/8:30~16:30 お問い合わせ

TEL

リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション科は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍しております。病気の発症やその治療のための安静臥床のために生じた機能障害、能力障害(移動・身のまわりの動作・コミュニケーションなど)に対して、失われた機能の回復と能力の改善を促します。
また、残された機能・能力を最大限に活かし、患者さんが次のステップ(家庭復帰や社会復帰)へスムーズに移行できるよう、他部門との連携を取りながらリハビリ専門職が入院早期から手厚く援助しています。
なお、当院のリハビリテーション室は最上階にあり、見晴らしの良い開放的な環境でリハビリを受けることができます。

理学療法士

運動機能の維持・改善を行うスペシャリストです。
特に日常生活を行う上で基本となる動作(寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなど)の改善に主眼を置き、ケガや病気などで身体機能に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて、運動機能の維持・改善を目指します。
治療や支援の内容については、理学療法士が医学的・社会的視点から患者さまごとの身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

作業療法士

日常の中の動作、主に生活動作の維持・改善を行うスペシャリストです。
患者さま一人ひとりが必要とする生活行為(髪をとかす、トイレへ行く、買い物に行く、仕事をするなど)を「作業」を通じて改善し、その人らしい生活の方法を考え、社会とのつながりを再構築していきます。
治療や支援の内容については、作業療法士が医学的・社会的視点から患者さまごとの身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

言語聴覚士

「話す」「聞く」「食べる」の維持・改善を行うスペシャリストです。
ことばや聞こえ、コミュニケーション、高次脳機能に障害がある方に対して、検査訓練等を行います。また、食べることが困難な方に対しては摂食・嚥下訓練を行い、より良い生活を送ることを目指します。
治療や支援の内容については、言語聴覚士が医学的・社会的視点から患者さまごとの身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。